小数点以下を切り捨てて整数にするExcel INT関数の使い方

Excel INT関数の使い方を、具体的に分かりやすく説明しています。INT関数は小数点以下を切り捨てて、数値を整数にします。INT関数を使うと、単純に、簡単に数値を整数にできます。ですが、数値は、小数点以下を切り捨てて、最も近い数値にするので、負の数値の場合は、より小さい数値に丸めます。使い方をよく分かっていないと、目的の整数とは違った整数になる場合があります。ここでは、INT関数で、正の数値、負の数値を整数にする時、どのように数値を丸めるのか、詳しく説明しています。INT関数とは、どのような関数なのか、分かるようになります。

 

 

INT関数

小数点以下を切り捨てて、数値を最も近い整数にします。

書式

Int(数値)

数値 切り捨てる数値を指定します。

 

 

INT関数の数値の符号と結果

数値が負の場合、INT関数は注意が必要です。数値を整数にする他の関数とは、違う結果を返します。

正の数値

 

    ◆数値が正の値の場合、小数点以下を切り捨てます。

 

負の数値

 

    ◆数値が負の場合、0より遠い方の値に丸めます。

 

 

正の数値

数値が正の数の場合、小数点以下を切り捨てて整数にします。

正の数「25,82」を指定してみましょう。

 

B2 =INT(A2)

「25,82」の小数点以下を切りすてて、整数にします。

結果は「25」です。

負の数値

数値が負の場合(マイナス)は、小数部分が切り上げられて、0から遠い方の数値に丸められます。

負の数「-25,82」を指定してみましょう。

 

B2 =INT(A2)

数値が負の場合、小さいほうの数値に丸められます。

結果は「-26」です。

数値が負の場合は気を付けましょう!

ROUNDDOWN関数とTRUNC関数とは、違った結果を返します。

ROUNDDOWN関数とTRUNC関数

ROUNDDOWN関数とTRUNC関数は、桁数に0を指定することで、数値を整数にできます。

ROUNDDOUN関数、TRUNC関数、INT関数は、数値が正の場合は、結果は同じですが、数値が負の場合は違った結果を返します。

ちなみに、ROUNDDOUN関数、TRUNC関数は同じ結果を返します。数値が負を整数にするときには、ROUNDDOUN関数、TRUNC関数、INT関数はいつも同じ結果を返さないので、使い方には気を付けなければいけません。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルINT関数で小数点以下を切り捨てて整数にする!ROUNDDOWN、TRUNCとの違いは?