エクセルで大量の連続データを一括で簡単に入力する方法!連続データの作成

エクセルで、大量の連続データを簡単に、一括で入力する方法を紹介しています。エクセル「連続データの作成」の機能を使うと、目的の値まで、一括で簡単に連続データを入力できます。エクセルのオートフィルでも、連続したデータを簡単に入力することができますが、データを下にドラッグしなければいけません。大量の連続データを入力する場合は、ドラッグするのは大変です。ここで紹介する「連続データの作成」は、あっという間に、一括で大量の連続データを入力できます。

 

 

連続データの作成

エクセルで大量の連続データを一括で作成したい時、フィル機能の「連続データの作成」を使うと簡単に一括入力できます。

「ホーム」タブ→「編集」グループ→「フィル」▼→「連続データの作成(S)」

 

 

大量の連続データを入力

「連続データの作成」を使って、一括で連続データを入力してみましょう。

連続した数値を入力

連続した数値を「10」まで作成してみましょう。

1.A2に「1」を入力します。

2.Aを選択して「フィル」▼で「連続データの作成(S)」をクリックしましょう。

3.「連続データ」ダイアログボックスが表示されます。次のように設定して「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

「連続データ」ダイアログボックスの設定

     範囲    :  列

     種類    :  加算(L)

     増加分(S)  :  1

     停止値(O)  :  10

 

4.連続した数値が作成されました!

 

 

連続した日付を入力

A2に入力されている日付「1月1日」の、連続した日付を列に作成します。

1.「1月1日」を選択します。

2.「連続データの作成(S)」をクリックしましょう。「連続データ」ダイアログボックスが表示されます。次のように設定して「OK」ボタンをクリックします。

 

「連続データ」ダイアログボックスの設定

     範囲    :  行

     種類    :  日付(D)

     増加分(S)  :  1

     停止値(O)  :  2018/1/5

 

3.「1月1日」から「1月5日」までの、連続した日付データが作成されました!

 

 

規則性のある連続した数字を入力

「A2」に「3」を入力します。2飛びした連続した数値を「30」まで作成してみましょう。

1.A2を選択します。

2.「フィル」▼で「連続データの作成(S)」をクリックします。「連続データ」ダイアログボックスが表示されます。次のように設定して「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

「連続データ」ダイアログボックスの設定

     範囲    :  列

     種類    :  加算(L)

     増加分(S)  :  2

     停止値(O)  :  20

 

3.規則性のある、連続した数値が作成されました!

 

 

規則性のある連続した日付を入力

A2に入力されている日付「1月1日」の、5飛びした連続した日付を列に作成します。

1.「1月1日」を選択しましょう。

2.「連続データの作成(S)」をクリックします。→「連続データ」ダイアログボックスが表示されます。次のように設定して「OK」ボタンをクリックします。

 

「連続データ」ダイアログボックスの設定

     範囲    :  列

     種類    :  日付(D)

     増加分(S)  :  5

     停止値(O)  :  2018/1/31

 

3.「1月1日」から「1月31日」までの、5飛びした連続日付データが入力されました!

 

オートフィル機能で連続データを入力

エクセル「連続データの作成」機能を使うと、一括で大量の連続データが作成できますが、入力できるデータは決まっています。オートフィル機能を使うと、連続データを入力する場合、下にドラッグしないといけないので、大量の連続データを入力する時は大変です。ですが、オートフィルでは、数値、日付などの連続データの他、数式や、干支などの連続データも作成できます。オリジナルの連続データを入力することもできます。

大量の連続データを一括で入力したい場合は「連続データの作成」を、色々な連続データを入力したい場合は、オートフィル機能を使うことをお勧めします。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル オートフィルで独自の連続データを入力