エクセル オートフィルで入力できない連続データを作成する方法

エクセル、オートフィルで、連続データが作成できない場合があります。それは、オートフィルでは、入力できる連続データと、入力できない連続データがあるからです。ここでは、オートフィルで連続データが入力できない場合、オリジナルの連続データを、ユーザー設定リストに登録して、入力する方法を紹介しています。オートフィルで入力できない連続データは、ユーザー設定リストに登録しましょう。自分でよく使う連続データがある場合、1つ1つ入力するのは大変です。オリジナルの連続データを登録すると、簡単に連続データが作成できます。入力ミスも防げ、時間短縮にもなります。

 

 

「ユーザー設定リスト」とは

オートフィルには、入力できない連続データがあります。オートフィルで連続データができない場合、「ユーザー設定リスト」にデータを登録すると、独自の連続データを入力することができます。

オートフィルでできなかった連続データが、簡単に入力できます。

「ユーザー設定リスト」で何ができる

「ユーザー設定リスト」で何ができるかを、例を挙げて説明していきます。

オートフィルで連続データが作成できない例

文字列「あ」の連続データを入力してみましょう。

1.「あ」を選択して、フィルハンドルを下にドラッグしましょう。

 

2.同じデータが連続して入力されました! 単独の「文字列」にオートフィルを使うと、同じデータが連続して入力されるだけです。連続したデータが入力できません。

 

「ユーザー設定リスト」に登録した場合

「ユーザー設定リスト」に、オリジナルの連続データを登録しています。

1「東京都」を選択して、フィルハンドルを下にドラッグしましょう。

2.「ユーザー設定リスト」に登録した連続データが、入力できました!オートフィルではできない、連続データです。

 

 

エクセル2010、2013「ユーザー設定リスト」

1.「ファイル」タブをクリック。

 

2.「オプション」をクリック。

 

3.「Excelのオプション」ダイアログボックス→「詳細設定」→「全般」→「ユーザー設定リストの編集(O)」をクリック→「ユーザー設定リスト」ダイアログボックスが開きます。

 

エクセル2003「ユーザー設定リスト」

1.「ツール(T)」タブ→「オプション(O)」をクリックします。

 

2.「オプション」ダイアログボックスが開きます→「ユーザー設定リスト」タブを選択します。

 

 

「ユーザー設定リスト」に連続データを登録

連続データを直接入力して「追加」ボタンから登録

「A2:A8」のデータを、オートフィルターで連続データで入力できるようにしましょう。

 

1.「ユーザー設定リストの編集(O)」をクリックしましょう。「ユーザー設定リスト」ダイアログボックスが開きます。

2.リストの項目(E)のボックスに「A2:A8」のデータを、「Enter」キーで改行しながら入力していきます。

3.入力が全て終わったら、追加(A)をクリックします。

 

4.「ユーザー設定リスト(L)」ボックスに「A2:A8」のデータが登録されます。「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.「Excelのオプション」ダイアログボックスの画面に戻るので、「OK」ボタンをクリックします。これで、「ユーザー設定リスト」への登録が完了しました!

 

 

インポートを使って連続データを登録

「A2:A8」のデータを、インポートを使って「ユーザー設定リスト」に登録します。

1.「ユーザー設定リストの編集(O)」をクリックして、「ユーザー設定リスト」ダイアログボックスを開きましょう。

2.「リストの取り込み元範囲(I)」のボックスに、「$A$2:$A$8」と入力しましょう。「リストの取り込み元範囲(I)のボックス」で「A2:A8」を選択すると、自動で「$A$2:$A$8」が入力されます。

3.インポート(M)をクリックしましょう。

 

4.「ユーザー設定リスト(L)」ボックスに、「A2:A8」のデータが登録されます。「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.「Excelのオプション」ダイアログボックスの画面に戻るので、「OK」ボタンをクリックします。

6.「ユーザー設定リスト」への登録が完了しました!

 

 

登録した連続データを入力

オリジナルの連続データをオートフィルで入力

「ユーザー設定リスト」で登録したオリジナルの連続データを、エクセル、オートフィルで作成した例です。

「国語」~「物理」までの連続データが、「ユーザー設定リスト」で登録してあります。オートフィルでは、できない連続データです。

登録した最初の文字列から連続データ作成

1.A2に「国語」と入力しましょう。

2.A2を選択して、フィルハンドルを下にドラッグします。

 

3.「ユーザー設定リスト」への登録した、「国語」~「物理」までの連続データが入力されました!

 

登録したデータの途中の文字列から連続データ作成

「国語」~「物理」までの連続データの途中から、連続データを作成してみましょう。

1.A2に「英語」と入力します。

2.A2を選択して、フィルハンドルを下にドラッグしましょう。

 

3.「ユーザー設定リスト」への登録したデータが、「英語」から連続で入力されました!

 

 

ドラッグしないで連続データを作成する方法

連続データを、エクセル、オートフィル機能で作成する場合、フィルハンドルを連続データを入力したい方向にドラッグしますが、ドラッグしないで 連続データを作成する方法があります。

B列にはデータが入力されています。

1.「A2」に「2013年」と入力します。

2.A2を選択して、フィルハンドルをダブルクリックしましょう。

 

3.連続データが入力されました!

 

ドラッグしないで連続データを作成する条件

エクセル、オートフィル機能で、フィルハンドルをダブルクリックして連続データが入力できるのは、隣にデータが入力されている時です。

右または左にデータが入力されていると、フィルハンドルをダブルクリックするだけで、連続データが入力できます。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

こちらの記事もご覧ください。⇒マイクロソフトオフィスソフトとプログラミングスキルが初心者でも短期間でマスターできる楽パソ!音声と映像で自宅で学べる。

エクセルで大量の連続データを入力

ここでは、オートフィルで連続データができない場合、「ユーザー設定リスト」へ、オリジナルの連続データを登録して、連続データを作成する方法を紹介しました。ですが、オートフィル以外にも、連続データを入力する機能があります。エクセル「連続データの作成」です。オートフィルはフィルハンドルをドラッグしなければいけませんが、大量のデータを入力する場合は、ドラッグするのは大変です。「連続データの作成」を使うと、簡単に大量のデータを、一括で入力することができます。使ってみると、こんな便利な機能はありません。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで大量の連続データを一括で簡単に入力する方法!連続データの作成

WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓