エクセルでうまくソートできない場合の対処法!並び替えの結果がおかしい

エクセルでソートできない場合の、対処法を紹介しています。並べ替えをしたが、その結果がおかしい!正しくソートされていない!そのようなことは、並び替えを使っていると1回、2回はあるのではないのでしょうか。これで、並び替えができないということはありません。正しく並び替えられる操作法があります。

 

 

データの並べ替え

 

 

①「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「並べ替え」

②「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「昇順」、「降順」

 

 

並べ替えがおかしい?

エクセルで並べ替えをすると、行の見出しまで並び替えられてしまった。集計表をソートしたら、一番最後の合計の行まで並び替えられてしまった。

エクセルでソートできない!

このようなことは、エクセルで並び替えの際、意外とあります。でも、その場合、対処する方法があります。

行の見出しが並び替えられる

商品の出荷一覧表があります。この一覧表を商品名で昇順で並び替えします。

1.A3を選択して「データ」タブの「昇順」をクリックしましょう。

 

2.すると、行の見出しまで並び替えられてしまいました!

 

この場合、「データ」タブの「並べ替え」を使って設定すると、行の見出しは並べ替えに含まれません。

 

対処法

1.データの範囲内のセルを選択して、「データ」タブの「並べ替え」をクリックします。

 

2.「並べ替え」ダイアログボックスが表示されます。

「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。ここがポイントです。

最優先されるキーで、「商品名」「値」「昇順」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

 

3.商品名で選択した範囲が並び替えられました!

 

 

並び替えが必要でない範囲がソートされる

商品の出荷一覧表の下の行に合計をだしてみました。この一覧表を商品名で昇順で並び替えします。

1.A3を選択して「データ」タブの「昇順」をクリックしました。

 

2.すると、今度は一番最後の合計の行まで並び替えられてしまいました!

 

これを解決してくれる2つ方法があります。

 

 

対処法(その1)

1.並び替える範囲を選択します。「A2:D8」を選択しましょう。

  並び替えるキーは「商品名」です。

  キーとなる見出しの列内のセルを、アクティブにする必要があります。

  目的のセルをアクティブにするには「Tab」キーを押して、カーソルを移動させましょう!

  ですが、今回は「A2:D8」を選択しました。

  この時点で、A2がアクティブになっているので、カーソルを移動させる必要はありません。

 

2.「昇順」をクリックします。

  商品名で並び替えられました!合計は含まれていません。

 

 

対処法(その2)

2つ目の方法です。単純な方法で、簡単にできます。

1.合計の行の前に1行、空白の行を挿入します。A3を選択して「昇順」をクリックしましょう。

 

2.商品名で並び替えられました!

漢字の並べ替えがうまくできない

エクセルの並べ替えの時、漢字でソートができないといった経験はありませんか?漢字の場合、ふりがながポイントとなります。同じ漢字なのに、並び替えをすると違う結果になってしまう!そのような場合にも、対処する方法があります。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルで漢字の並べ替えができない!ソートの結果がおかしい