エクセルでデータをソートする方法!昇順、降順で並べ替え

エクセルでデータをソートする方法を紹介します。エクセルには、データを一括で並び替える機能があります。データは五十音順、数値の大きい順、小さい順で並び替えることがができます。

大量のデータを扱うと、どうしてもデータが分かりにくくなってしまいますね。そのような時、データの並べ替えが活躍します。並び替えを行うことで、大量のデータが分かりやすく、分析しやすくなります。データの並び替えを理解して、仕事アップしましょう。

 

 

データを昇順、降順で並べ替える

データの並べ替え

データの並べ替えで、五十音順、数値を大きい順、小さい順で並び替えることができます。

 

 

「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「並べ替え」

 

 

操作手順

社員番号一覧表があります。このデータを氏名でソートしてみましょう。ここでは、昇順の順で並び替えてみます。

1.データの範囲内のセルを選択。まとまった範囲の場合は、エクセルが自動的に範囲を選択します。

 

2.「並べ替え」をクリックします。「並べ替え」ダイアログボックスが表示されます。

 

①最優先されるキー

 並び替えにキーとなる、列の項目を選択します。

②並べ替えのキー

 五十音順、数値で並び替える場合は、「値」を選択します。

③順序

 昇順、または降順を選択します。

④先頭行をデータの見出しとして使用する

 「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っているか、確認します。

 先頭行の項目で並び替える場合は、必ずチェックを入れます。

ここでは、次のように選択しましょう。

3.並べ替えの設定

①最優先されるキー

 氏名を選択します。

②並べ替えのキー

 値を選択します。

③順序

 昇順を選択します。

④先頭行をデータの見出しとして使用する

 先頭行を見出しとする場合は、「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。

 

4.選択したら「OK」をクリックします。

 

5.氏名が五十音順で並び替えられました。

 

 

データの並べ替えの解除

エクセルには、データの並べ替えを解除する機能はありません。

データの並び替えを行った後、元に戻したい場合は、データの並べ替えをする前に、データに連番を振っておくことをお勧めします。

 

データの並べ替えの応用

データの並べ替えは、値だけでなく、セルの色、フォントの色でも並び替えることができます。ここでは、氏名をキーとしてソートしましたが、複数の項目で並び替えることもできます。

データの並べ替えには、先頭行をデータの見出しとして並び替える機能も、持っていることは知っているでしょうか。横方向で並べ替えることもできるんです。これは、意外と知られていないデータの並び替えです。応用では、まだまだ持っているデータの並び替えの隠れた機能を紹介しています。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルの並べ替えで横方向に列単位でソートする方法