エクセル ピボットテーブルのフィールドリストでフィールドの並び替えをする!

エクセル、ピボットテーブルのフィールドを並び替える方法を紹介します。並び替えはピボットテーブルのフィールドリストで行います。ピボットテーブルのフィールドリストでフィールドをドラッグして、自由に列、行の位置を並び替えることができます。ピボットテーブルの列、行の並び替える方法は他にもありますが、フィールドリスト内でフィールドをドラッグして並び替える方法をマスターしましょう。

 

 

フィールドの並べ替え

エクセル、ピボットテーブルのフィールドの並び替えを、下のデータとピボットテーブルを使って説明していきます。

♦ピボットテーブルの元データ

 

♦使用するピボットテーブル

 

 

フィールドを値で並び替え

ピボットテーブルのフィールドリストで、フィールドをドラッグして、Σ値の並び替えをしましょう。

左から「合計 / プラン1」「合計 / プラン2」「合計 / プラン3」の列の順を、「合計 / プラン3」「合計 / プラン2」「合計 / プラン1」の順に並び替えます。

1.ピボットテーブル内をクリックして、ピボットテーブルのフィールドリストを表示します。「合計 / プラン1」を選択しましょう。

 

2.「合計 / プラン1」のフィールドを、ピボットテーブルのフィールドリストの外までドラッグします。「合計 / プラン2」と「合計 / プラン3」も同じ要領で、フィールドをピボットテーブルのフィールドリストの外までドラッグします。

 

3.Σ値から、「合計 / プラン1」「合計 / プラン2」「合計 / プラン3」のフィールドが消えて、ピボットテーブルが行ラベルだけになりました。

 

4.次に、「合計 / プラン3」のフィールドを選択して、Σ値のボックスまでドラッグしましょう。

 

5.「合計 / プラン3」と同じ要領で、「合計 / プラン3」の下に、「合計 / プラン1」「合計 / プラン2」順番で、フィールドをΣ値のボックスまでドラッグしましょう。

 

6.ピボットテーブルの列の位置が、左から「合計 / プラン3」「合計 / プラン2」「合計 / プラン1」の順に並び替えられました!

 

 

フィールドを行ラベルで並び替え

フィールドをドラッグして、行ラベルの並び替えをしましょう。

行ラベルの「区分」「コード」の順を、「コード」「区分」の順に並び替えます。

1.「区分」を選択→「区分」のフィールドを、ピボットテーブルのフィールドリストの外までドラッグします。「コード」も同じ要領で、フィールドをピボットテーブルのフィールドリストの外までドラッグします。

 

2.次に、「コード」のフィールドを選択して、行ラベルのボックスまでドラッグしましょう。同じ要領で、「区分」のフィールドを「コード」の下にドラッグします。

 

3.ピボットテーブルの行ラベルを見てみましょう。「コード」の下に「区分」の合計が表示されました。

 

ピボットテーブルの行、列の並び替え

ピボットテーブルのフィールドリストからフィールドをドラッグすると簡単に、ピボットテーブルの行、列を並び替えることができます。ですが、ピボットテーブルの行、列を並び替える方法は他にもあります。特定の位置に列、行を配置することもできます。ちょっとした、行、列の並び替えなどにこの方法はお勧めです。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル ピボットテーブルの列、行の並び替えをする