エクセル ピボットテーブルの列を並び替える!

エクセルのピボットテーブルの列を、並び替える方法を紹介します。ここでは、昇順、降順の順位で、ピボットテーブルの列を並び替えます。データの大きい順、小さい順、文字の順位で並び替えます。表の並び替えに例えると、先頭行をデータの見出しとして、ある列を優先にしてデータを並び替えることです。ピボットテーブルの列を並び替える方法は他にもありますが、エクセルの並べ替え機能を使った、3つの方法を説明していいます。

 

 

列の並べ替え

エクセルのピボットテーブルの列の並び替えを、下のデータとピボットテーブルを使って説明していきます。

♦ピボットテーブルの元データ

 

♦使用するピボットテーブル

 

 

行ラベルで並び替え

行ラベルで、データを降順で並び替えしましょう。

1.「行ラベル」▼をクリック→降順をクリックしましょう。

 

2.ピボットテーブルが、行ラベルで降順で並び替えられました!

 

 

行ラベルを右クリックで並び替え

行ラベルで右クリックして、データを降順で並び替えしましょう。

1.「行ラベル」の列内で、どれか1つクリックして、右クリック→「並べ替え」→「降順」をクリックしましょう。

 

 

2.ピボットテーブルが、行ラベルで降順で並び替えられました!

 

 

「値」を右クリックで並び替え

ピボットテーブルを、昇順で並び替えてみましょう。優先するのは「区分2」の列です。

1.「区分2」の列内で、どれか1つクリックします。

 

2.右クリック→「並べ替え」→「昇順」クリックしましょう。

 

3.ピボットテーブルが、「区分2」を優先として昇順で並び替えられました。

 

ピボットテーブルでの列の並び替え

エクセルのピボットテーブルの列は昇順、降順で並び替えることができますピボットテーブルの列を並び替えることで、集計された数値を分かりやすくできます。ここで紹介した列の並び替えとは違って、列や行を任意の位置に並び替えたいともあります。そのような時は、ドラッグして並び替えを行います。列や行を、任意の位置に配置する方法も、ぜひ覚えてみましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル ピボットテーブルの列、行の並び替えをする