エクセルのピボットテーブルを更新する!

エクセルのピボットテーブルを更新する方法を紹介します。ピボットテーブルの元データで変更があった場合、元データだけ変更しても、ピボットテーブルは更新されません。元データで変更があった場合は、必ずピボットテーブルも更新しなくてはいけません。ピボットテーブルの更新を忘れると、集計値は元の数値のままです。ピボットテーブルの更新は、簡単なのでしっかりと覚えましょう。ここでは、2つの方法で更新しています。

 

 

ピボットテーブルの更新

エクセルのピポットテーブルの更新を、2つ紹介します。

下のデータ範囲からピポットテーブルが作成されています。

 

データ範囲の「B13」を「ワード」から「エクセル」に変更しました。

 

ピポットテーブルを更新しましょう!

 

 

ピボットテーブルツールからピボットテーブルを更新

ピボットテーブルツールは、ピボットテーブルを作成すると表示されるツールです。

1.ピボットテーブル内をクリックすると、「ピボットテーブルツール」が表示されます。

2.「ピボットテーブルツール」→「分析」タブ→「データ」グループ→「更新」をクリックしましょう。

 

3.ピボットテーブルが更新されました! 更新されているのを確認してみましょう。

 

 

ピボットテーブル レポートから更新

1.ピボットテーブル内を右クリック→「更新」をクリックしましょう。

 

2.ピボットテーブルが更新されました!

 

ピボットテーブルの元データの変更

ここでは、エクセルのピボットテーブルの更新する方法を紹介しましたが、元データを変更したときは、「更新」でピボットテーブルを更新できます。ですが、元データの範囲を変更した場合は、ここで紹介した更新では、ピボットテーブルを更新することはできません。元データの範囲を追加したときなどは、ピボットテーブルの元データの範囲を変更しなければいけません。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルのピボットテーブルを作成する方法