エクセル ピボットテーブルのデータ範囲を自動で変更する!

エクセルでピボットテーブルのデータの範囲を、自動で変更させる方法を紹介します。ピボットテーブルの元データの範囲が追加されたりした場合、その都度、ピボットテーブルのデータ範囲を変更しなければいけません。これは面倒です。そこで、追加がよくあるデータなどは、ピボットテーブルのデータ範囲を自動更新にした方が便利です。ピボットテーブルのデータの範囲を、自動で変更させる設定をして、仕事を効率化させましょう。

 

 

ピボットテーブル データ範囲の自動更新

 

ピボットテーブルのデータ範囲を、自動で変更させる手順

1.元データをテーブルにする

2.テーブルからピボットテーブルを作成する

3.元データにデータを追加して、ピボットテーブルのデータ範囲が自動で変更されるか確認する

 

 

元データでテーブルを作成する

1.元データの範囲内をクリックして、「挿入」タブ→「テーブル」→「テーブル」をクリックしましょう。

 

2.「テーブルの作成」ダイアログボックスが開きます。データ範囲は自動で入力されます。「=$A$1:$D$10」となっていることを確認して「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.元データがテーブルになりました!

 

 

テーブルからピボットテーブルを作成する

テーブル内をクリックすると、「ピボットテーブルツール」が表示されます。ここでは、ピボットテーブルツールからピボットテーブルを作成しましょう。

1.「ピボットテーブルツール」→「デザイン」タブ→「ツール」グループ→「ピボットテーブルで集計」をクリックします。

または、「挿入」タブ→「テーブル」グループ→「ピボットテーブル」をクリックしましょう。

 

2.ピボットテーブルが作成できました。

 

 

元データに範囲を追加する

ピボットテーブルのデータ範囲が、自動で変更されるか確認してみましょう。

1.元データの範囲を追加しました。

 

2.ピポットテーブル内で右クリック→「更新」をクリックします。

 

3.ピポットテーブルが更新されました!

 

ピボットテーブルのテーブル名

エクセルでピボットテーブルのデータの範囲を、自動で変更させるには、まず、データの範囲をテーブルに変換しなくてはいけません。その時に、テーブルに名前を付けることができます。

「ピボットテーブルツール」→「デザイン」タブ→「プロパティ」グループ→「テーブル名」で、名前を付けられます。テーブル名は名前の管理で見ることができます。テーブルが複数ある場合は、名前を付けて管理しておくといいでしょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数でピボットテーブルからデータを取り出す