エクセルTODAY関数で今日の日付に曜日を表示させる方法!自動で入力

エクセルTODAY関数で、曜日を表示する方法を紹介しています。TODAY関数は、自動で現在の日付を表示します。この日付に曜日も表示させましょう。それには、TODAY関数だけではできません。TEXT関数と組み合わせて使います。TEXT関数は日付を色々な形式で表示させることができる関数です。TODAY関数とTEXT関数を使って、自動で今日の日付に曜日を表示させてみましょう。

 

 

TODAY関数

現在の日付を返します。

TODAY関数の書式

TODAY()

この関数に引数は必要ありません。

TEXT関数

TEXT関数は、表示形式コードを使用して数値の表示方法を変更することができます。数値を読み取りやすい表示に変更できる関数です。

TEXT関数の書式と引数

=TEXT(数値, 表示形式)

数値 数値、数式、または数値を含むセルの参照を指定します。
表示形式 数値書式を、”yyyy/mm/dd” など、引用符で囲んだテキスト文字列として指定します。

 

 

TODAY関数に曜日を表示

1.A1にTODAY関数を入力してみましょう。今日の日付が表示されます。

 

A1 =TODAY()

TODAY関数を入力すると、yyyy/mm/dd形式で今日の日付が表示されます。

TODAY関数に曜日を表示させてみましょう。

2.A1に、TODAY関数に曜日を表示させる式を入力します。

 

A1 =TEXT(TODAY(),”gggyy年m月d日(aaa)”)

A1には、「平成30年8月14日(火)」が返されました!

表示形式

 表示形式  表示例
 aaa  月
 aaaa  月曜日
 (aaa)  (月)
 ddd  Mon
 dddd  Monday

 

日付のみ表示する

エクセルTODAY関数とTEXT関数と組み合わせて使うと、日付に曜日を表示させることができますが、今日の日付を、月日だけで表示させたいときはどのようにすればよいのでしょうか? エクセルTODAY関数の表示形式は、yyyy/mm/dd形式です。書類などに今日の日付を表示したい時、yyyy/mm/dd形式でなく、他の表示形式で表示したい時もあります。この場合は、関数を使わずに簡単に表示させることができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル関数で日付のみ表示