エクセルの表をワードに貼り付ける方法!サイズの変更も紹介

表を作成するには、エクセルが細かい作業ができて使いやすく便利です。

ここでは、エクセルで作成した表をワードに貼り付ける方法を紹介しています。

サイズも簡単に変更できます。

 

 

1.ワードの貼りつけのオプション

ワードの貼りつけオプションは、6つの形式があります。

元の書式を保持:フォントの色や種類などの書式を保持したまま貼りつけます。

貼り付け先のスタイルを使用:ワードの表のスタイル定義が使用されます。

リンク(元の書式を保持):エクセルの書式設定が適用されます。表をクリックすると「リンク先の更新」のメニューが表示されます。

リンク(貼り付け先のスタイルを使用):ワードの表のスタイル定義が使用されます。表をクリックすると「リンク先の更新」のメニューが表示されます。

図:図として貼りつけられます。編集はできません。

テキストのみ保持:テキストのみ貼り付けれます。

 

 

2.エクセルをワードに図として貼りつける

エクセルの表を、ワードに図として貼りつけてみましょう。

1.ワードに貼りつけたいエクセルの表を選択してコピーします。「Ctrl」+「C」でコピーできます。

2.右クリックして、「図」を選択します。

3.エクセルの表が図として貼りつけられました。

3.エクセルをワードにオブジェクトとして貼りつける

エクセルの表を、ワードにオブジェクトとして貼りつけてみましょう。

 

1.エクセルの表を選択してコピーします。

2.ワードの「ホーム」タブをクリック→「クリップボード」グループの「貼りつけ」の▼をクリックして「形式を選択して貼り付け」を選択します。

 

3.「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスが表示されるので、「Microsoft Excel ワークシート オブジェクト」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

 

4.エクセルの表がオブジェクトとして貼りつけられました。

 

 

4.図とオブジェクトの違い

図とオブジェクトの違いは、編集できるかできないかです。

「ワークシート オブジェクト」の場合は、貼り付けた表をダブルクリックすると、表の内容を編集することができます(下図を参照)

図で貼り付けた場合は、表の内容を編集することはできません。

 

2.ワードに貼りつけた表のサイズを変更する方法

ワードに貼りつけた表が小さかったり、大きかったりすることがありますね。

サイズを変更して、ちょうどいい大きさに調整してみましょう。

「図」として、「オブジェクト」として貼り付けた場合のどちらでも、やり方は同じです。

1.表を選択するとハンドルが表示されます。このハンドルにマウスポインタを合わせると、マウスポインタがななめ矢印の形になります。

2.この状態でドラッグすると、拡大、縮小ができます。

 

 

まとめ

エクセルの表をワードに貼りつける時、大きさが合わなかったりすることがあります。

ワードで編集すると上手くできないことがあります。

そんな時は、エクセルで文字のサイズ、表の大きさを編集してから貼り付けるとよいでしょう。

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓