エクセル条件付き書式で重複データに色付け!重複をカウントするCOUNTIFを使う

エクセル、条件付き書式を使うと、重複データに自動で色を付けることができます。ここでは、条件付書式に、重複データをカウントするCOUNTIF関数を使って、重複データのセルに色を付ける方法を紹介しています。重複データに色を付ける方法は、他にもありますが、条件付書式にCOUNTIF関数を使うと、自動で重複データのセルに色を付けることができます。重複データに色を付けると、どのデータが重複しているのか一目でわかります。簡単にできるので、マスターして、重複データに色を付けてみましょう。

 

 

条件付き書式で数式を使って重複のセルに色付け

条件付き書式

条件付き書式で、条件を満たすセルに、書式を設定することができます。

「ホーム」タブ→「スタイル」グループ→「条件付き書式」

 

 

条件付き書式で重複データのセルに色をつける

下の表を使って、説明していきましょう。

「商品№」が重複しています。

条件付き書式で、重複している「商品№」に色をつけてみましょう。

1.重複データに色を付ける、セル範囲「A2:A15」を選択します。

 

2.「条件付き書式」→「新しいルール(N)」をクリックします。

 

3.「新しい書式ルール」ダイアログボックスが開きます。「数式を使用して、書式設定をするセルを決定」を選択しましょう。

 

「数式を使用して、書式設定をするセルを決定」で、次のように入力しましょう。

  次の数式を満たす場合に値を書式設定(O) : =COUNTIF($A$2:$A$15,A2)>1

入力が終わったら「書式(F)」をクリックします。

 

 

4.「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きます。「塗りつぶし」タブで、セルを塗りつぶす色を選択しましょう。「塗りつぶし効果」または、「その他の色」ボタンからでも色を選択できます。

ここでは、「ピンク」を選択して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.画面が、「新しい書式ルール」ダイアログボックスに切り替わるので、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

6.重複データに、ピンクの色が付きました!

 

 

条件付き書式で2つ目から現れる重複データ全てに色をつける

今度は、同じ重複データで、2つ目から現れる「商品№」に、条件付き書式で色をつけてみましょう。

1.重複データに色をつけたい、セル範囲「A2:A15」を選択して、「条件付き書式」→「新しいルール(N)」をクリックしましょう。

 

2.「新しい書式ルール」ダイアログボックスが開きます。「数式を使用して、書式設定をするセルを決定」を選択しましょう。

 

「数式を使用して、書式設定をするセルを決定」で、次のように入力しましょう。

  次の数式を満たす場合に値を書式設定(O) : =COUNTIF($A$2:A2,A2)>1 

入力が終わったら「書式(F)」をクリックします。

 

 

3.「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きます。「塗りつぶし」タブで、セルを塗りつぶす色を選択しましょう。

ここでは、「黄色」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

 

4.画面が、「新しい書式ルール」ダイアログボックスに切り替わるので、「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

5.2番目に現れる重複データに、黄色の色が付きました!

 

 

COUNTIF関数の説明

COUNTIF関数

指定した範囲に含まれる、検索条件に一致するセルの個数を返します。

COUNTIF関数の書式と引数

COUNTIF(範囲,検索条件)

範囲 検索条件に一致するセルの個数を求める範囲を指定します。
検索条件 条件を、数値、式、または文字列で指定します。式、文字列で指定する場合は「”」で囲みます。

 

COUNTIF関数の使用例

重複データの数をカウント

「商品№」が重複しています。

COUNTIF関数で、重複している「商品№」の数をカウントしてみましょう。

 

C2 =COUNTIF($A$2:$A$15,A2)

「C2」の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

重複データがいくつあるか、カウントされました!

A2を、見てみましょう。A2の商品№は、「M1002」です。

「3」とカウントされています。

「商品№」、「M1002」は「3」つあります。

重複データが現れるのが何番目かカウント

次に、重複している「商品№」が、範囲の先頭から、何番目に現れるのか調べます。

 

C2 =COUNTIF($A$2:A2,A2)

「C2」の式をドラッグして、下にコピーしましょう。

先頭から、何番目に現れた重複データなのか、カウントされました!

A9のセルを、見てみましょう。A9の商品№は、「M1002」です。

「2」とカウントされています。

「商品№」、「M1002」は、A2に最初現れています。

次に表れているのが、A9です。

「2」番目に、現れています。

エクセル「セルの強調表示ルール」で重複データに色付け

COUNTIF関数を使って、エクセル、条件付き書式で重複データに色を付ける方法を紹介しましたが、エクセル「条件付き書式」の「セルの強調表示ルール」でも重複データに色を付けることができます。

「セルの強調表示ルール」は、あまり知られていませんが、この機能を使うと、簡単に重複データに色を付けることができます。

条件付き書式で重複データに色を付ける方法は2つありますが、COUNTIF関数を使うと、自動で重複データに色が付くという利点があります。

自動で色を付ける必要がない場合は、「セルの強調表示ルール」で重複データに色を付ける方法がお勧めです。

こちらの記事もご覧ください。⇒重複データに色を付ける方法!エクセル条件付き書式を使います