エクセルをPDFに変換して1ページに収める方法!

エクセルやワードをPDF化して保存したい時、複数ページになってしまうことがあります。

ここでは、エクセルをPDFに変換して1ページに収める方法を紹介しています。

重要な書類などを長期間保存したい時に、できるだけページ数を減らして要領を小さくすることができます。

 

 

エクセルをPDFに変換する方法

エクセルをPDF化をするには、「名前を付けて保存」を使用します。

ワードと同じ要領です。

 

1.「ファイル」タブをクリックします。

 

 

2.「名前を付けて保存」をクリック→「参照」をクリックします。

3.「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されるので保存先を指定します。ここでは、デスクトップを指定しました。

4.「ファイルの種類」から「PDF(*.PDF)」を選択し、「ファイル名」に任意のファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックしましょう。

 

5.デスクトップにPDFができます。

 

 

エクセルを1ページに収める方法

エクセルをPDF化すると、1ページに収まらず複数ページになってしまうことがあります。

1ページに収めるには、ページ設定をする必要があります。

 

1.「ファイル」タブをクリックし、「拡大縮小なし」の▼をクリックします。

 

2.「シートを1ページに印刷」をクリックします。

 

3.ページが1ページに収まりました。

4.「名前を付けて保存」をクリック→「参照」をクリック→「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されるので保存先を指定します。

5.「ファイルの種類」から「PDF(*.PDF)」を選択し、「ファイル名」に任意のファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックすると、指定した保存先にPDFファイルができます。

 

 

まとめ

ワードをPDFに変換すると、そのままのページがPDFのページになります。

しかし、エクセルをPDFに変換すると印刷ページがPDFのページになるので、調整する必要があります。

うっかりそのままPDF化すると、複数ページになったり文章が切れたりするので注意です。

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓