windows8 タスクマネージャーを起動させる!

windows8で、タスクマネージャーを起動させる方法を紹介しています。タスクマネージャーは、パソコンが応答しなくなったときに、フリーズしているアプリケーションソフトを終了させるときによく使います。タスクマネージャーを起動させる方法はいくつかあります。windowsのバージョンによっても違いがありますが、ここでは、windows8/8.1でタスクマネージャーを起動させる方法を3つ紹介しています。

 

 

タスクマネージャーの起動

windows8/8.1で、タスクマネージャーを起動させる方法を3つ紹介します。

ショートカットキーで起動

ショートカットキーでタスクマネージャーを起動させます。

「Ctrl」キー +「Shift」キー +「Esc」キー

1.「Ctrl」キーを押しながら、「Shift」キー と「Esc」キーを押します。タスクマネージャーが開きます。簡易表示が開いた場合は、「詳細」ボタンをクリックしましょう。

 

2.詳細画面が開きます。

 

 

タスクバーから起動

タスクバーからタスクマネージャーを起動させます。

1.画面、下のタスクバーで右クリックしましょう。「タスクマネージャー」をクリックすると、タスクマネージャーが開きます。

 

アプリから起動

アプリからタスクマネージャーを起動させます。

1.スタート画面の左下の「↓」をクリックします。

 

2.アプリから、「Windows システム ツール」の「タスクマネージャー」をクリックすると、タスクマネージャーが開きます。

 

タスクマネージャーで強制終了

ここでは、タスクマネージャーを起動させる方法を紹介しましたが、タスクマネージャーは、パソコンが応答しなくなったときに起動せて、原因となっているアプリケーションなどを終了させて、パソコンを通常の状態に戻します。もし、タスクマネージャーでアプリケーションなどを終了させても、応答しなかった場合は、再起動させましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒windows8 タスクバーに アイコンを表示させる方法