ワードでサイズを変更して印刷する方法!縮小印刷・拡大印刷

ワードでは、印刷するとき用紙のサイズを変更することができます。

ここでは、ワードで用紙のサイズを変更して、縮小印刷・拡大印刷する方法を紹介しています。

また、エクセルで任意の倍率に変更して、縮小拡大印刷する方法も説明しています。

倍率を指定して印刷したい時に、ご利用ください。

 

 

1.ワードで用紙サイズを指定して拡大印刷・縮小印刷する方法

ワードでは、用紙のサイズを指定して縮小印刷・拡大印刷することができます。

ここでは、A4サイズをB5サイズに縮小してみましょう。

 

 

1.「ファイル」タブをクリックします。

 

 

2.「印刷」をクリック→「A4」の▼をクリックして「B5(JIS)」をクリックします。

 

 

3.「印刷」ボタンをクリックすると、B5サイズで印刷されます。

 

用紙サイズの指定からでもサイズ変更できます。

A4サイズをA3サイズに拡大してみましょう。

 

 

 

1.「印刷」をクリック→「1 ページ/枚」の▼をクリックして「用紙サイズの指定」をクリックします。

2.「A3」をクリック→「印刷」ボタンをクリックすると、A3サイズで印刷されます。

 

 

2.プリンター機能を利用して任意の倍率に拡大縮小する方法

ワードには倍率を指定する機能ではできませんので、印刷するプリンターの機能を利用します。

1.「ファイル」タブをクリック→「印刷」を選択します。

2.「プリンターのプロパティ」をクリックします。

3.プリンタドライバのダイアログボックスが表示されるので、「ページ設定」タブをクリック→ページレイアウトの「拡大/縮小」を選択して拡大縮小率を設定します。

4.「OK」ボタンをクリック→「印刷」ボタンをクリックすると、指定した倍率で印刷されます。

 

3.ワードで任意の倍率に拡大縮小はできる?

ワードでは、任意の倍率を指定して、縮小印刷・拡大印刷する機能はありません。

エクセルでは、縮小拡大の機能があります。

使用しているプリンターに倍率を指定して印刷する機能がない場合、または、何らかの不具合で、プリンターで設定しても、指定した倍率で印刷できない場合の非常手段です。

どうしても縮小印刷・拡大印刷をしたい場合は、エクセルに文章をコピーして印刷することができます。

また、印刷するプリンターの機能を利用して縮小拡大する方法もあります。

参考までに、エクセルに文章をコピーして縮小印刷・拡大印刷する方法も紹介します。

 

上のワードの文章を、エクセルで縮小印刷してみましょう。

 

 

1.印刷したい範囲を選択してコピーします。「Ctrl」+「C」でコピーできます。

 

 

2.エクセルに貼りつけてA列の幅を広げます。

 

 

3.行の幅を調整します。不要な行があったら削除します。

 

 

4.調整できたら「ファイル」タブをクリックします。

 

 

 

5.「印刷」をクリック→「ページ設定」をクリックします。

6.「A3」をクリック→「印刷」ボタンをクリックすると、A3サイズで印刷されます。

 

 

7.「ページ設定ダイアログボックス」が表示されます。

8.「ページ」タブをクリックして、「拡大縮小印刷」項目で任意のサイズに変更しましょう。縮小の場合は100%より小さく、拡大の場合は100%より大きい数字を入力します。

9.設定が終わったら「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

 

10.「印刷」ボタンをクリックすると、指定したサイズで印刷されます。

 

 

まとめ

ワードでは任意の倍率に指定して印刷することはできませんが、エクセルを使用すると倍率を自由に変更できます。

ただし、エクセルを使用する場合は、調整が大変になることもあります。

簡単な文章印刷の場合は、エクセルを利用してもいでしょう。

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓