ワードのタブとは?タブの種類・機能・使い方を説明

ワードのタブを設定すると、文字を綺麗に揃えることができます。

ここでは、ワードのタブとはどんな機能をもつのか、詳しく説明しています。また、タブの種類とその役割、使い方なども紹介しています。

タブ設定が思うようにできない方は、ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

1.ワードのタブとはどんな機能?

 

ワードの「タブ」とは、文字の位置を揃える機能です。

タブは段落ごとに設定されますが、行の頭や行の途中にも入れることもでき、同一行内に複数入れることができます。

「タブ」を設定すると、キーボードの「タブ」キーを押した時に、設定した位置に文字列が動きます。

 

2.タブ設定にはルーラーを表示させる

 

タブを設定するには、ルーラーを表示させる必要があります。

ルーラーは、リボンのすぐ下に表示されている目盛りのことを言います。

ルーラーを表示してみましょう。

 

 

「表示」タブをクリック→「表示」グループの「ルーラー」にチェックを入れると、ルーラーが表示されます。

 

 

「ルーラー」には、「水平ルーラー」と「垂直ルーラー」があります。

 

3.タブの種類と役割

 

ワードのタブは、5種類あります。

 

 

「垂直ルーラー」を見ると、上に「L」のマークがあります。

このマークをクリックしていくと、マークが変わります。

次の5つが、タブになります。

 

    

 

その他に、下の2つのマークにも切り替わりますが、これはインデントマーカーで、タブ設定には使用しません。

 

 

 

■ 5種類のタブの役割

 左揃えタブ:文字列の左端の位置を設定します。文字列の左がこの位置で揃えられます。

 中央揃えタブ :文字列の中心の位置で揃えます。

 右揃えタブ:文字列の右端の位置を設定します。文字列の右がこの位置で揃えられます。

 小数点揃えタブ:数字の小数点の位置を設定します。小数点の位置で揃えられます。

 縦棒タブ:タブを設定した位置に縦線が挿入されます。文字列の位置は揃えません。

 

 

4.タブの使い方

 

5種類のタブの使い方を、説明していきましょう。

 

左揃えタブの使い方

 

左揃えタブを、5文字の位置に設定してみましょう。

 

 

1.タブの種類が左揃えタブになっていることを確認します。

2.「水平ルーラー」で5文字の位置をクリックします。

 

 

3.「:令和2年3月15日」の先頭にカーソルを置きます。

 

 

4.この状態で、キーボードの「Tab」キーを押すと、「:令和2年3月15日」の開始位置が、「左揃えタブ」を設定した位置まで動きます。

 

 

5.次に「:令和2年3月15日」で改行して、「:東京会館」と入力します。

6.「:東京会館」の先頭にカーソルを置いて、キーボードの「Tab」キーを押してみましょう。

7.「左揃えタブ」を設定した位置まで文字が動いて、「:令和2年3月15日」と「:東京会館」の文字列の位置が揃いました。

 

※ タブは段落ごとに設定されます。
タブを設定済みの段落で改行すると、同じタブ設定が次の段落にも引き継がれます。

 

例えば、次のように複数のタブを設定をして、文字を揃えることもできます。

 

 

 

1.上図のようにタブを2つ設定して、揃えたい文字の先頭にカーソルを置いてキーボードの「Tab」キーを押していきます。

 

 

2.上図のように、文字が綺麗に揃えられました。

 

 

右揃えタブの使い方

 

右揃えタブを、15文字の位置に設定してみましょう。

左揃えタブとの違いが分かりやすいように、「:令和2年3月15日」文字列の位置を揃えます。

 

 

1.タブの種類が右揃えタブになっていることを確認して、「水平ルーラー」で15文字の位置をクリックします。

 

 

2.「:令和2年3月15日」の先頭にカーソルを置いて、キーボードの「Tab」キーを押します。

3.「:令和2年3月15日」の終了位置が、「右揃えタブ」を設定した位置まで動きます。

 

 

4.次に「:令和2年3月15日」で「Enter」キーを押して改行し、「:東京会館」と入力します。

5.「:東京会館」の先頭にカーソルを置いて、キーボードの「Tab」キーを押すと、「右揃えタブ」を設定した位置まで文字が動きます。「:令和2年3月15日」と「:東京会館」の終了位置が揃いました。

 

 

中央揃えタブの使い方

 

中央揃えタブを、15文字の位置に設定してみましょう。

「左揃えタブ」「右揃えタブ」との違いが分かります。

 

 

1.「:令和2年3月15日」の先頭にカーソルを置いてキーボードの「Tab」キーを押し、次に「:令和2年3月15日」で改行して、「:東京会館」と入力します。

2.「:東京会館」の先頭にカーソルを置いて、キーボードの「Tab」キーを押します。

3.上図のように、文字列の中央位置は「右揃えタブ」を設定した位置まで動きます。

 

小数点揃えタブの使い方

 

小数点揃えタブの使い方の例です。

ここでは、10文字の位置に設定してみましょう。

 

 

上図のように、「6.53」「12.85」の先頭にカーソルを置いて、キーボードの「Tab」キーを押すと、小数点位置が「小数点揃えタブ」を設定した位置まで動きます。

 

縦棒タブの使い方

 

棒線タブは、文字は揃えません。

棒線タブを、10文字と20文字の位置に設定してみましょう。

 

 

上図のように、棒線タブを設定すると、10文字と20文字の位置に棒線が引かれます。

 

※ タブ設定は、実際に設定して試してみると分かりやすいです。
どのような時にタブ設定をすると便利なのか、分かってきます。
何度か繰り返して、練習してみましょう。

 

 

まとめ

 

ワードのタブは種類によって役割が違うので、使い分ける必要があります。

タブ設定は慣れないと、自分の思い通りにいかないことがあります。使い慣れると、こんな便利な機能はありません。

見栄えよく、整った資料やマニュアルなどを作成することができます。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのタブの使い方!設定方法や細かく調整する方法など