ワードの変更履歴の使い方!記録して本文中に表示させる方法!

ワードの変更履歴は難しいことはありませんが、設定を間違えると、思うように表示させることができないことがあります。

ここでは、ワードの変更履歴の使い方を説明しています。

変更内容を表示させる方法は4つありますが、ここでは、変更履歴を記録して本文中に表示させる方法を紹介しています。

変更履歴の使い方が良くわからない方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

1.ワードの変更履歴の使い方

 

ワードの変更履歴は、文章を修正した場合、その記録を残す機能です。

文章を削除、追加した履歴を残して、表示することができます。

他の人がどこを修正したのか確認ができ、確認やチェック作業に便利です。

記録した履歴は本文中に表示させたり、吹き出しに表示させたりすることもできます。

ここでは、記録した履歴を本文中に表示させる方法を紹介します。

 

2.変更履歴で記録する手順

 

変更履歴で変更内容を記録して、本文中に表示させてみましょう。

手順を間違えると、うまく記録できません。

うまくできない場合は、何度か繰り返して練習してみましょう。

 

 

3.「変更履歴の表示」の違い

 

変更履歴では、文章の変更箇所の表示方法を選ぶことができます。

 

 

文章の変更箇所の表示方法の設定は、「変更内容の表示」からできます。

 

 

「変更内容の表示」の4つのメニューの、表示方法の違いを説明します。

 

シンプルな変更履歴/コメント:変更がある行にマークが表示されます。マークをクリックすると変更履歴が表示されます。

 

 

すべての変更履歴/コメント:変更履歴をすべて表示します。

 

 

変更履歴/コメントなし:変更履歴を表示しないで、現在の最新の状態が表示されます。

 

 

初版:変更履歴を記録する前の文書が表示されます。

 

 

※ ここでは、「すべての変更履歴/コメント」を使用します。

 

 

変更履歴をオンにする

 

変更履歴で、手順よく変更内容を記録して本文中に表示させてみましょう。

記録する前に、最初に設定を済ませておきましょう。

 

 

1.「校閲」タブをクリック→「変更履歴」グループの「変更内容の表示」の▼ をクリックして、「すべての変更履歴/コメント」を選択します。

 

 

2.「変更履歴とコメントの表示」の▼をクリックして、「吹き出し(B)」から「すべての変更履歴を本文中に表示(I)」をクリックしましょう。

 

 

1.「校閲」タブをクリック→「変更履歴」グループの「変更履歴の記録」 をクリックします。

 

 

2.変更履歴がオンになると、「変更履歴の記録」がグレーになります。

 

 

文章を編集する

 

変更履歴を記録してみましょう。

ここでは、「A102会議室」を削除して、「東京本部」と入力します。

 

 

1.「A102会議室」を「Delete」キーで削除して、「東京本部」と入力しましょう。

 

ここで、変更履歴の記録を終了しましょう。

 

変更履歴をオフにする

 

変更履歴をオフにすると、変更履歴の記録が終了します。

 

 

1.「校閲」タブをクリック→「変更履歴」グループの「変更履歴の記録」 をクリックすると、変更履歴の記録が終了します。

 

 

変更履歴をオフになると、「変更履歴の記録」のグレーの色が消えます。

 

 

まとめ

 

ワードの変更履歴の使い方で、迷う方がいます。

設定を間違えると、記録した変更内容が表示されなかったりします。

変更内容は記録されているのですが、表示させる方法が分からなかったり、慣れないと戸惑うことがあります。

まずは、基本をマスターして、慣れることから始めましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのコメント・変更履歴のユーザー名や色を変更する方法!