エクセル初心者、1分で分かる!VLOOKUP関数の使い方

エクセルVLOOKUP関数の使い方を、初心者でもわかるように、簡単に使えるように、図を使って分かりやすくまとめています。VLOOKUP関数の解説を読んでも、よく分からないという事はないでしょうか。VLOOKUP関数を使いたいのに、まだ使いこなせない。VLOOKUP関数を使うといつもエラーが出てしまう。だけど原因が分からない?VLOOKUP関数はよく使うことが多いです。難しい関数ではありません。誰でも使えるようになります。まずは、基本をマスターしましょう。エクセルVLOOKUP関数が、簡単に使えるようなります

 

 

VLOOKUP関数

エクセルVLOOKUP関数は、値を検索して抽出する関数です。

指定した範囲の1列目で検索値を探し、指定した列番号と同じ行にある値を返します。

VLOOKUP関数の書式

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号,[ 検索の型])

引数の指定方法

◆検索値    検策する値を指定します。

◆範囲     検索する範囲を指定します。検索値を探す列は範囲の左端にします。

◆列番号    範囲の先頭列から数えた、列番号を指定します。
        指定した列の値が返されます。
        範囲の一番左端の列は1、次の列は2です。

検索の型   検索方法を、FALSEまたはTLUEで指定します。

 FALSE    完全一致の値を返します。※1
 TLUE(
省略) 完全一致の値が見つからないと、検索値未満の最大値が返されます。※2

※1 FALSEまたは”0”の場合、一致する値が見つからない場合は、エラー値#N/A が返されます。

※2 TLUEまたは”1”(省略)の場合、範囲の左端の列を昇順で並び替えておく必要があります。
   昇順になっていない場合、正しい値が得られません。

 

 

VLOOKUP関数の式

 

 

 

VLOOKUP関数の使用例

その①

F2に数式を入力します。

 

説明: A列の商品名から「みかん」を検索して、C列の「金額」を返します。

    検索値は「商品名」です。範囲の左端は必ず「商品名」にします。
      VLOOKUP関数は範囲の左端から検索値を探します。

 

その②

F2に数式を入力して、式をドラッグしてF6までコピーします。

 

説明: A列の商品名から「キウイ」を検索して、C列の「金額」を返します。
    範囲を下にコピーする場合は、必ず絶対値にします。

 

 

VLOOKUP関数でエラーになる原因とポイント

VOOKUP関数を使う時、エラーがでて、使い方がよく分からないと聞かれます。エラーが出る原因で一番多いのが、範囲の指定を間違えていることです。

検索値を探す列は、範囲の一番左端にします。この指定を間違えると、VLOOKUP関数はエラーになってしまいます。

2番目に多いのが、数式を下にコピーをする場合、範囲を絶対値にしていないことです。数式をコピーする場合、範囲を絶対値にしないと、範囲が動いてしまいます。

その他に、列番号を間違えている、FALSEとTRUEの指定を間違えているということもあります。

数式を入力するときは、この点に気を付ましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルVLOOKUPとIF関数を組み合わせた使い方!テクニックを紹介