エクセルでグラフの特定の凡例項目を削除する!

エクセルのグラフの特定の凡例項目を、削除してデータ範囲を変更する方法を紹介しています。データ範囲を変更する方法は色々ありますが、グラフ上で、特定のデータ系列を削除して、データ範囲を変更することができます。また、データの選択から凡例項目(系列)を削除して、データ範囲を変更することもできます。ここでは、その方法を具体的に、分かりやすく説明しています。

 

 

データ範囲を変更

データ範囲を変更する方法を、下のデータ範囲と、棒グラフを使って説明していきます。

 

エクセルのグラフのデータの範囲を、2つの方法で変更します。

①棒グラフの棒を削除して、データ範囲を変更

②」データの選択」から「凡例項目(系列)」を削除してデータ範囲を変更

 

 

特定のデータ系列を削除してデータ範囲を変更

名古屋のデータ系列を削除してみましょう。データ範囲は「B2:G5」に変更されます。

1.棒グラフから、名古屋のデータ系列を選択します。

 

2.「Delete」キーを押すと、名古屋のデータ系列が削除されました!

 

3.グラフをクリックして、グラフを選択しましょう。データ範囲「B2:G5」が色で選択されて、範囲が変更されています。

 

データ範囲を「B2:G5」に変更したい場合は、グラフから名古屋のデータ系列を選択して、「Delete」キーで削除すると変更できます。

 

 

凡例項目(系列)を削除してデータ範囲を変更

茨城のデータ系列を削除してみましょう。データ範囲は「B2:G4」、「B6:G6」に変更されます。

1.グラフの上で右クリック→「データの選択」をクリックしましょう。

 

2.「テータソースの選択」ダイアログボックスが開きます。「凡例項目(系列)」から「茨城」を選択して「削除」をクリック→「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

3.「凡例項目(系列)」から「茨城」が削除されました! 

 

「凡例項目(系列)」からデータ系列を削除して、グラフのデータ範囲を変更することができます。

 

データの選択

データの選択は、グラフツールから選択することもできます。グラフの上をクリックして選択すると、「グラフツール」が表示されます。

「グラフツール」→「デザイン」タブ→「データの選択」

 

データ範囲の変更

ここでは、エクセルのグラフを削除して、データ範囲を変更する方法を紹介しました。データ範囲を変更する方法は色々ありますが、このようにデータ系列を削除して、データ範囲を変更する方法もあります。その他に、「データの選択」の「グラフデータの範囲」でデータの範囲を変更したり、データの範囲をドラッグしてデータ範囲を変更する方法もあります。

 こちらの記事もご覧ください。⇒エクセルでグラフを作成した後データ範囲を変更する