エクセルのピボットテーブルの集計方法を変更する!

エクセルのピボットテーブルの、集計方法を変更する方法を紹介しています。ピボットテーブルを使うと大量のデータを分析したり、集計したりすることができます。ピボットテーブルを作成して合計を求めたりしますが、ピボットテーブルの集計方法は合計だけでなく、個数や積なども出すことができます。ここでは集計方法を変更して、色々な集計を出してみましょう。

 

 

ピボットテーブルの集計

ピボットテーブル

「挿入」タブ→「テーブル」グループ→「ピボットテーブル」

 

ピボットテーブルで集計するデータ

下のデーターとピボットテーブルを使用して説明していきます。

ピボットテーブルの元データ

  

 

使用するピボットテーブル

 

 

集計する数値 

ピボットテーブルの保証別、区分1の金額の合計を、個数の合計に変更して集計を出してみます。

ピボットテーブル内で右クリック

ピボットテーブルの集計方法を、右クリックして個数の合計に変更します。

1.ピボットテーブル内を右クリック→「値フィールドリストの設定」をクリックしましょう。

 

2.「値フィールドリストの設定」ダイアログボックスが開きます。「集計方法」で「データの個数」を選択します。

 

3.ピボットテーブルの保証別、区分1の集計がデータの個数に変更されました!

 

 

ピボットテーブルツールから集計方法を変更

ピボットテーブルの集計方法を、ピボットテーブルツールから、個数の合計に変更します。

1.ピボットテーブル内をクリックすると、「ピボットテーブルツール」が表示されます。

2.「ピボットテーブルツール」→「分析」タブ→「アクティブなフィールド」グループ→「フィールドの設定」をクリックしましょう。

 

3.「値フィールドリストの設定」ダイアログボックスが開きます。「集計方法」で「データの個数」を選択しましょう。

 

4.ピボットテーブルの保証別、区分1の集計がデータの個数に変更されました!

 

 

フィールドリストから集計方法を変更

ピボットテーブルの集計方法を、「ピボットテーブルのフィールドリスト」から、個数の合計に変更します。

1.ピボットテーブル内をクリックします。すると、「ピボットテーブルのフィールドリスト」が表示されます。

 

2.「ピボットテーブルのフィールドリスト」が表示されない場合は、2つの方法で「フィールドリスト」を表示させましょう。

  ①ピボットテーブル内で右クリックして「フィールドリストを表示する」を選択します。

 

 ②「ピボットテーブルツール」→「分析」タブ→「表示」グループ→「フィールドリスト」をクリック。

 

3.「値」の「合計/種類1」を左クリック→「値フィールドリストの設定」をクリックしましょう。

4.「値フィールドリストの設定」ダイアログボックスが開きます。「集計方法」で「データの個数」を選択します。

5.ピボットテーブルの保証別、区分1の集計がデータの個数に変更されます。

ピボットテーブルを集計、編集

エクセルのピボットテーブルでは、集計方法を変更して、合計やデータの個数、平均値などを求めることができます。ピボットテーブルで集計する場合、フィールドを行ラベル、列ラベル、値に追加することで、様々なデータの集計ができます。ピボットテーブルを編集することで、大量のデータを色々な核角度で分析したり、集計したりできます。

こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル ピボットテーブルのフィールドの並び替え