ワードで図形の矢印や線をまっすぐに水平に引く方法

ワードの図形で矢印や線がまっすぐ引けなくて、悩んだことはありませんか?

ワードの図形では簡単に、矢印や線をまっすぐに引くことができます。また、斜めになってしまった線をまっすぐに直すこともできます。

また、線はまっすぐ水平に延長でいきるのに、矢印は延長すると、まっすぐな線が斜めに曲がってしまいます。

そんな場合でも、まっすぐに延長できる方法があるので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

1.ワードで矢印を引くとまっすぐにならない

 

ワードで、図形の矢印をまっすぐ水平に引いてみましょう。

 

 

1.「挿入」タブ→「図形」の「▼」をクリックします。

 

2.「→」選択し、マウスでドラッグして図形を挿入します。

3.まっすぐ引いたつもりが、斜めになってしまいました。

 

では、矢印や線をまっすぐ水平に引くにはどうしたらよいのでしょう。

 

 

2.矢印をまっすぐ引く方法

 

矢印や線は、簡単にまっすぐ引くことができます。

1.「挿入」タブ→「図形」の「▼」をクリックして「→」選択します。

 

 

2.「Shift」キーを押しながら線を引くと、まっすぐな線が引けます。

 

※ まっすぐ下に引くときも「Shift」キーを押しながら線を引くと垂直線が引けます。

 

 

 

3.矢印をまっすぐに延長する方法

 

矢印をまっすぐに引いた後、延長すると斜めに曲がってしまいます。

普通の線なら、「Shift」キーを押しながら延長しても、まっすぐな線が引けます。

まっすぐに保ったまま矢印を延長するには、「書式」タブからできます。

 

 

1.延長する矢印を選択します。

2.「描写ツール」の「書式」タブをクリックします。

3.「サイズ」 グループの「図形の幅」で、目的の長さに延長しましょう。

 

4.斜めの矢印をまっすぐに直す方法

 

ワードの図形で挿入した矢印や線が斜めに曲がってしまった場合、まっすぐに直すことができます。

 

 

 

 

1.斜めに曲がってしまった矢印を選択します。

2.「描写ツール」の「書式」タブをクリックします。「サイズ」 グループの「図形の高さ」を見ると「12.37 mm」になっています。

 

 

3.「図形の高さ」を「0 mm」にすると、矢印がまっすぐになります。

 

 

まとめ

 

ワードの図形の直線は、自由に使えるようになると便利です。

罫線の代わりにもなり、直線を使うと複雑な表を作成することもできます。

直線と矢印を組み合わせると、複雑に折れ曲がったカギ線も作れて、さまざま場面で活用できます。

マニュアルの作成や会社の組織図などにも使用でき、ワードの幅が広がります。