ワードの表の罫線の線種を一括で変更・一部だけ変更する方法

ワードの表の罫線の線種は、変更することができます。

ここでは、Word2013で、ワードの表の罫線の線種を一括で、簡単に変更する方法を紹介しています。

表全体だけでなく、表の罫線を一部だけ変更することもできます。表のセルを指定して、上下左右の一部だけ線種を変更する事が可能です。

 

 

 

1.ワードで表全体の罫線の線種を変更する方法

 

Word2013で、表の罫線の種類は簡単に変更できます。

ここでは、表全体の線を一括で「0.5 pt」の点線に変更してみましょう。

 

 

1.表内のいずれかのセルを選択します。

2.「表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

 

 

3.「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスが表示されます。

4.「罫線」タブをクリックします。

5.「すべて(A)」を選択し、「設定対象(L)」が「表」、「線の太さが(W)」が「0.5 pt」になっていることを確認します(点線の線の太さは「線の太さが(W)」の▼」をクリックして変更できます)

6.「線種(Y)」から「点線」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

 

 

7.表全体が点線になりました。

 

※「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスは、「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「罫線」の▼」をクリックしても表示できます。

 

 

 

2.表の罫線の線種を一部だけ変更する方法(「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスから)

 

表の一部の罫線だけ、「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスから変更することもできます。

「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスからは、さまざまな線種を設定して、一部だけ変更することができます。

ここでは、表の上だけ「3pt」の太線にしてみましょう。

 

 

1.表内のいずれかのセルを選択し、「表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

2.「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスが表示されます。

3.「罫線」タブをクリックし、「設定対象(L)」が「表」になっていることを確認します。

4.「指定(U)」を選択し、「線の太さ(W)」から「3pt」を選択します(「線種(Y)」から選択してもOK)

5.「上線」を選択します(図①)

6.プレビューで図②のように、上線が「3pt」の太線になっていることを確認して、「OK」ボタンをクリックします。

 

 

表の上線が「3pt」の太線になりました。

 

 

3.表の罫線の線種を一部だけ変更する方法(「罫線」から)

 

表の罫線の線種を一部だけ、「デザイン」タブの「罫線」から、簡単に変更することができます。

しかし、線の太さを設定した線種の変更はできますが、点線・波線・破線などはできません。

表の上だけ「3pt」の太線にしてみましょう。

 

 

 

1.表の一番上の行、または表全体を選択します。

 

 

2.「表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「ペンの太さ」の▼」をクリックして、「3pt」をクリックします。

 

 

3.表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「罫線」の▼」をクリックして、「上罫線(P)」をクリックします。

 

 

4.表の上だけ「3pt」の太線になりました。

 

 

4.表の一部のセルだけ線種を点線に変更する方法

 

表の一部のセルだけ、線種を変更することもできます。

一番上の行、左の列のセルだけ「3pt」の点線にしてみましょう。

 

 

 

上図の選択しているセルの左側だけ、「3pt」の点線にします。

 

 

 

1.一番上の行、左の列のセルを選択し、「表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

2.「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスが表示されます。

3.「罫線」タブをクリックし、「指定(U)」を選択します。

4.「線種(Y)」から「点線」を選択し、「線の太さ(W)」から「3pt」を選択します。

5.「設定対象(L)」から「セル」を選択します。

6.「左線」を選択し、プレビューで左側が「3pt」の太線になっていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

 

 

7.表の一番上の行、左の列のセルが、「3pt」の太線になりました。

 

 

5.表の一部のセルだけ線種を太線に変更する方法(「罫線」から)

 

表の一部のセルを太線に変更する場合は、「「デザイン」タブの「罫線」から、簡単に変更することができます。

表の一番下の行の、左から2つの列のセルの下線を、「3pt」の太線に変更しみましょう。

 

 

上図のセルを変更します。

 

 

1.変更するセルを選択します。

 

 

2.「表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「ペンの太さ」の▼」をクリックして、「3pt」をクリックします。

 

 

3.表ツール」の「デザイン」タブをクリック→「飾り枠」グループの「罫線」の▼」をクリックして、「下罫線(B)」をクリックします。

 

 

4.表の一番下の行の、左から2つの列のセルの下線が、「3pt」の太線になりました。

 

まとめ

 

Word2013では、それ以前のバージョンとは操作が少し違っているので、気を付けましょう。

表の罫線の線種変更も例外ではないので、以前のバージョンに慣れている人は少し戸惑うこともありますが、極端に変わっていないので簡単にできるようになります。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードの表を簡単に結合・分割&セルを結合・分割する方法