ワードの表の行や列を簡単に挿入する方法!Word2013でワンクリック

ワードで表を作成した時、あとから行や列を追加したいことはありませんか?

Word2013では、簡単にワンクリックで、表の行や列を挿入することができます。目的の場所に、自由自在に追加できます。

ワードが苦手な人でも、エクセルと同じように簡単にできるので、ぜひマスターしてください。また、行、列を削除する方法も紹介しています。

 

 

 

1.ワードの表に行列を挿入する方法

 

Word2013ではワンクリックで、表に行、列を追加することができます。

 

 

上表の一番下に、行を挿入してみましょう。

 

 

1.表の一番左、一番下の行の角にカーソルを当てると、カーソルが「十」の形に変わります。

2.「十」をクリックします。

 

 

3.表の一番下に、行が挿入されました。

 

※ 列を追加する場合も、同じ要領です。

「氏名」の右に、列を挿入してみましょう。

 

 

表の一番上、「氏名」の右の角にカーソルを当てると、カーソルが「十」の形に変わるので、「十」をクリックすると「氏名」の右に、列が挿入させます。

Word2013の機能なので、活用しましょう。

行を追加するなら、一番左の列のセルの角、列を追加するなら、一番上の行のセルの角にカーソルを当てるのがポイントです。

 

 

2.ワードの表に「レイアウト」タブから行列を挿入する方法

 

表の行、列は、「レイアウト」タブからでも、ワンクリックで簡単に挿入することができます。

 

 

「表ツール」の「レイアウト」タブをクリック→「行と列」グループから行と列を挿入できます。

 

3.ワードの表に行列を削除する方法

 

ワードの表は行列を簡単に削除できます。

ここでは、「ふりがな」の列を削除してみましょう。

 

 

1.「ふりがな」の列の、いずれかのセルにカーソルを置きます。

 

 

2.「表ツール」の「レイアウト」タブを選択します。

3.「表の削除」の「▼」をクリックして、「列の削除(C)」をクリックすると、表が削除されます。

 

※ 行を削除する場合は、「行の削除(R)」をクリックすると簡単に削除できます。表を削除慕い場合も、「表の削除(T)」をクリックすると、表が削除されます。

 

 

まとめ

ワードはエクセルの表のように、簡単にさまざまな操作ができます。表は幅や高さを変更したり、均等に揃えることもできます。

入力するデータによって自由自自に、簡単に調整できます。下のサイトで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードで表の幅や高さを揃える方法!簡単に変更する方法