数値を切り捨てるExcel FLOOR関数の使い方!

Excel FLOOR関数の使い方を、具体的に初心者でも分かるように説明しました。エクセルFLOOR関数は、数値を切り捨てる関数です。FLOOR関数は、あまりよく知られていない関数ですが、使ってみるとこんな便利な関数はありません。特殊な使い方をしますが、慣れると簡単に使いこなせるようになります。FLOOR関数とは、簡単に言うと、指定した数値の倍数に、最も近い数値にします。数値、日付、時刻などのデータを「100単位」「200単位」など、目的の単位で切り捨てることができます。例えば、タイムシートで、時間を15分単位にしたい、30分単位にしたい。金額を100円単位にしたいなど、色々な使い道があります。単位で数値を丸める方法を、マスターできます。

 

 

FLOOR関数

Excel FLOOR関数は、指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に切り捨てられた数値を返します。

書式

FLOOR(数値, 基準値)

数値 対象となる数値を指定します。
基準値 倍数の基準となる数値を指定します。

引数の説明

数値が正の数: 値は0に近い方の数値に切り捨てられます。

数値が負の数: 値は0から遠い方の数値に切り捨てられます。

 指定された数値が基準値の倍数と等しい場合は、数値はその値が返されます。

 数値が正で基準値が負の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

 

 

FLOOR関数の式

 

 

 

数値が正の数

数値「28,273」、基準値に500を指定してみましょう。

 

 

B2 =FLOOR(A2,500)

500の倍数で「28,273」に近い数値は、「28,500」と「28,000」があります。

CEILING関数は、500の倍数で「28,273」に最も近い、0に近い方の数値を返します。

結果は「28,000」です。

 

 

数値が負の数

数値「-28,273」、基準値に500を指定してみましょう。

 

 

B2 =FLOOR(A2,500)

500の倍数で「-28,273」に近い数値は、「-28,000」と「-28,500」があります。

500の倍数で「-28,273」に最も近い、0から遠い方の数値を返します。

結果は「-28,500」です。

数値を切り捨てるFLOOR関数

Excel FLOOR関数は指定した基準値の倍数のうち、最も近い値に切り捨てた数値を返す関数ですが、エクセルには、数値を切り捨てる関数が他にもあります。

数値を切り捨てる点は同じですが、FLOOR関数は、金額を「500円単位」「千円単位」と、数値を大きく切り捨てるときに使うことができます。時間を切り捨てることもできます。例えば、残業が10分単位、または、30分単位で支給されるといった場合に、タイムカードを「10分単位」「30分単位」と切り上げたりできます。FLOOR関数は特殊な使い方をします。FLOOR関数を、便利な関数です。正しく理解して活用しましょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒小数点以下を切り捨てるExcel ROUNDDOWN関数の使い方