ワードのインデントで文字位置を揃える方法!設定・調整など

ワードのインデントを使うと、文字位置を綺麗に揃えることができます。

ここでは、ワードのインデントを設定して、文字位置を揃えるさまざま方法を紹介しています。文字単位での調整も可能です。

インデントの使い方がいまいちよく分からない、上手く設定できない方は、ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

1.ワードの「ホーム」タブからインデントを設定する

 

インデントは、「ホーム」タブから簡単に設定できます。

「ホーム」タブからの設定は、選択した段落全体に反映されます。

ここでは、一番上の段落にインデントを設定してみましょう。

 

 

1.カーソルを一番上の段落に置きます(一番上の段落を選択します)

 

 

2.「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「インデントを増やす」をクリックします。ここでは、1回クリックしてみましょう。

3.一番上の段落全体が、1文字だけ右側に移動しました(インデントが右側に移動します)

※ 「インデントを増やす」をクリックするごとにインデントが右側に移動し、1文字ずつ字下げされます。

 

 

2.ワードの「レイアウト」タブからインデントを設定する

 

「レイアウト」タブから、インデントを設定してみましょう。

「レイアウト」タブからの設定は、選択した段落全体に反映されます。

ここでは、2段落目にインデントを設定します。

 

 

1.カーソルを2段落目に置きます。

 

 

2.「ページレイアウト」タブをクリック→「ページ設定」グループの「区切り」の▼をクリックします。

2.「ページレイアウト」タブをクリック→「段落」グループの「左インデント」のボックスに「5」を入力しましょう。▲をクックして「5字」にしてもいいです。

3.2段落目が、5文字だけ右側に移動しました(インデントが右側に移動します)

 

3.インデントマーカーからインデントを設定する

 

ルーラー上にあるのインデントマーカーから、インデントを設定する方法です。

インデントマーカーには、「左インデント」 マーカーと 「右インデント」マーカーがあります。

 

 

「右インデント」は、段落全体の右側のインデントを設定します。

「左インデント」 マーカーには、「1行目のインデント」「ぶら下げインデント」「左インデント」という3つの種類があります。

 

 

① 1行目のインデント:選択した段落の1行目だけを設定する

② ぶら下げインデント:選択した段落の1行目以外を設定する

③ 左インデント:選択した段落全体を設定する

 

 

 1行目のインデントを設定

 

2段落目に「1行目のインデント」を設定してみましょう。

 

 

1.カーソルを2段落に置きます。

2.「1行目のインデント」にマウス ポインタを合わせて、2段落の1行目を開始したい位置まで、「1行目のインデント」をドラッグして移動させます(ここでは目盛の6までドラッグ)

3.2段落の1行目だけが、目盛の6まで移動しました。

 

 ぶら下げインデントを設定

 

一番上の段落に「ぶら下げインデント」を設定してみましょう。

 

 

1.カーソルを一番上の段落に置きます。

2.「ぶら下げインデント」にマウス ポインタを合わせて、「ぶら下げインデント」を開始したい位置までドラッグして移動させます (ここでは目盛10までドラッグ)

3.一番上の段落の1行目以外が、目盛の10まで移動しました。

※ 「ぶら下げインデント」を移動させると、「左インデント」も一緒に移動します。

 

 左インデントを設定

 

一番上の段落に「左インデント」を、設定してみましょう。

 

 

1.カーソルを一番上の段落に置いて選択します。

2.「左インデント」にマウス ポインタを合わせて、「左インデント」を開始したい位置までドラッグして移動させます (ここでは目盛10までドラッグ)

3.一番上の段落全体が、目盛の10まで移動しました。

※ 「左インデント」を移動させると、「1行目のインデント」も一緒に移動します。

 

 右インデントを設定

 

2段落目に「右インデント」を、設定してみましょう。

 

 

 

1.カーソルを2段落目に置きます(2段落を選択)

2.「右インデント」にマウス ポインタを合わせて、「右インデント」を設定したい位置までドラッグして移動させましょう。

3.2段落全体の右側の位置が、設定されます。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのインデントとは?機能や使い方を分かりやすく説明

 

4.段落のダイアログボックスからインデントを設定する

 

「段落」のダイアログボックスから、インデントを設定する方法です。

文字単位で、調整ができます。

 

 

 段落全体を字下げする

 

選択した段落全体を字下げしてみましょう。

ここでは、2段落目を「4文字」字下げします。

 

 

1.カーソルを2段落目に置いて、2段落を選択します。

2.「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「段落の設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

 

 

3.「段落」のダイアログボックスが表示されます。

4.「インデントと行間隔]」タブをクリック→「インデント」の 「左(L)」のボックスに「4」と入力しましょう。▲をクックして「4字」にしてもいいです。

 

 

5.「OK」ボタンをクリックすると、2段落全体が4文字右側に移動します。

 

 選択した段落の1行目だけ字下げする

 

選択した段落の1行目だけ字下げしてみましょう。

ここでは、一番上の段落の1行目を字下げします。

 

 

1.一番上の段落を選択して、「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「段落の設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックして、「段落」のダイアログボックスが表示させます。

2.「インデントと行間隔]」タブをクリック→「インデント」の「最初の行(S)」で「字下げ」を選択→「幅(Y)」のボックスに「5」と入力しましょう。▲をクックして「5字」にしてもいいです。

 

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、一番上の段落の1行目が5文字右側に移動します。

 

 選択した段落の1行目以外を字下げする

 

一番上の段落の1行目以外を、字下げしてみましょう。

 

 

1.一番上の段落を選択して、「段落」のダイアログボックスが表示させます。

2.「インデントと行間隔]」タブをクリック→「インデント」の「最初の行(S)」で「ぶら下げ」を選択→「幅(Y)」のボックスに「3」と入力しましょう。

 

 

3.「OK」ボタンをクリックすると、一番上の段落の1行目以外が、3文字右側に移動します。

 

 

まとめ

 

ワードのインデントを利用すると、文字の位置を揃えたり調整することができます。

さらに、タブも使用すると、細かく文字の位置を設定することができ、見栄えよくできます。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのタブとは?タブの種類・機能・使い方を説明