ワードの印刷範囲がはみ出る!切れるとき1枚に収める方法

ワードで印刷した時に、1枚に収まらないことがありますよね。

印刷範囲が切れると2枚になってしまい、紙の無駄にもなります。

ここでは、ワードの印刷範囲がはみ出る場合、1枚に収める方法を紹介しています。

印刷範囲をギリギリまで微調整することもできます。

 

 

1.余白を調整して1枚に収める方法

 

ワードで印刷範囲がはみ出る時、余白を調整することで1枚に収めることができます。

 

 

1.「ファイル」タブをクリックします。

 

 

2.「印刷」をクリック→「標準の余白」の▼をクリックします。

 

現在、「標準」の設定になっているので、「狭い」または「やや狭い」を選択しましょう。

 

※「狭い」または「やや狭い」に設定しても1枚に収まらない場合は、「ユーザー設定から」余白を調整してみましょう。

 

 

1.「標準の余白」の▼をクリック→「ユーザー設定の余白」をクリックします。

 

 

2.「ページ設定」ダイアログボックスが表示されます。

3.「余白」タブをクリック→「余白」の項目から「上下左右」の数値を小さくして余白を調整しまし「OK」ボタンをクリックしましょう。

 

この設定で1枚に収まらない場合は、行間を詰めてみましょう。

 

 

2.行間を詰めて1枚に収める方法

 

「標準の余白」で1枚に収まらない場合は、文字の行間を詰めてみます。

 

 

2.「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「段落の設定」 ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

 

 

3.「段落」ダイアログボックスが表示されます。

4.「インデントと行間隔」タブをクリックして「行間(N)」から「固定値」を選択します。「行間(N)」では、pt(ポイント)という単位で行間を指定できます。現在のサイズより小さくすると、行間を詰めることができます。

※「行間(N)」でサイズを調整して、ちょうどいいサイズをみつけましょう。

 

 

「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「行と段落の間隔」 からも行間を詰めることができます。行間を「1.0」などの小さい数値にすることで、詰めることができます。

 

3.1枚に収めるその他の方法

 

ワードで印刷範囲が切れる時、文字のサイズを小さくすることで、1枚に収める方法もあります。

ただし、文字のサイズを変更したくない場合は、「余白を調整する」か「行間を詰める」方法をとりましょう。

 

 

「ホーム」タブをクリック→「フォント」グループの「フォントサイズ」 から、文字のサイズを小さくすることで行間を詰めることができます。

 

 

まとめ

 

印刷範囲がはみ出るとイラッときますね。一番簡単な方法は余白の調整です。

それでも切れるときは、行間を詰めてみましょう。一度で収まらないこともあるので、数値を変えて調整してみます。

どうしても1枚に収まらない場合は、文字の大きさを小さくしてみましょう。

大概は、この方法で1枚に収めることができます。

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓