ワードでオリジナルの箇条書き行頭文字を作成する方法

ワードで用意されている行頭文字には、数に限りがあります。

ここでは、ワードでオリジナルの行頭文字を作成してみましょう。

使用したオリジナルの箇条書き行頭文字は、行頭文字ライブラリに表示されるので、再度利用することができます。

 

 

ワードの箇条書き行頭文字を変更する方法

行頭文字の種類を変更することができます。

 

文字列の行頭に挿入されている「●」を「■」に変更してみましょう。

 

1.行頭文字を変更したい文字列を選択します。ここではすべて選択します。

2.「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「箇条書き」の▼をクリックして「■」を選択しましょう。

 

3.行頭文字「●」が「■」に変更されました。

 

 

ワードでオリジナルの行頭文字を作成する方法

ワードの箇条書きには、次のような行頭文字があります。

 

これ以外の行頭文字を設定したい時がありますね。

そんな場合は、オリジナルの行頭文字を挿入することもできます。

 

1.オリジナルの行頭文字を入れたい文字列をすべて選択します。ここでは全て選択します。

2.「ホーム」タブをクリック→「段落」グループの「箇条書き」の▼をクリックして「新しい行頭文字の定義」を選択しましょう。

 

3.「新しい行頭文字の定義」のダイアログボックスが表示されるので、「記号」タブをクリックをしましょう。

 

4.「記号と特殊文字」のダイアログボックスが表示されるので、「」をクリックをしましょう。

 

5.文字の行頭に、「」が挿入されました。

 

 

まとめ

行頭文字を挿入すると、文字の間に空白がはいります。

この間隔を調整することもできるので、自由自在に行頭文字をカスタマイズしてみましょう。

エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス・マクロVBA・WEBプログラミングを入門から応用までらくらくマスターできる ➡ 動画パソコン教材

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセルパワーポイント・アクセスとエクセルマクロVBA・WEBプログラミング・パソコンソフト作成を入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスとWEBプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エクセルのマクロとVBAを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

VBA・Java・WEB・C#・HTML/CSSプログラミングを入門から応用まで映像と音声でわかりやすく学ぶことができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓