ワードで1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定する方法

ワードで右揃え・中央揃え・左揃えを設定するのは簡単です。しかし、1行に全てを設定することはできるのでしょう?

ここでは、1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定する方法を紹介しています。

難しそうに思えますが、意外と簡単なので、ぜひお試しください。

 

 

 

1.クリックアンドタイプ機能で1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定する方法

 

ワードには「クリックアンドタイプ」という機能があります。

この機能を使用すると簡単に、1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定することができます。

 

カーソルを「左」「中央」「右」の位置に置くと、その位置でマークが表示されます。

左:

中央:

右:

 

このマークが表れた位置でダブルクリックすると、その位置で文字の入力ができます。

 

 

「左」「中央」「右」の位置で入力すると、上図のように「中央揃えタブ」「左揃えタブ」が表示されます。

 

 

■「クリックアンドタイプ」ができない時の対処法

 

「クリックアンドタイプ」ができない場合は、設定することで使用できるようになります。

 

 

 

1.「ファイル」タブをクリックします。

 

2.「オプション」をクリックします。

 

 

3.「詳細設定」をクリック→「編集オプション」の「クリックアンドタイプ編集を行う」にチェックを入れる→「OK」ボタンをクリックすると「クリックアンドタイプ」ができるようになります。

 

 

2.タブ機能で1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定する方法

 

タブ機能使用して、1行に右揃え・中央揃え・左揃えを設定することができます。

 

 

1.「左揃え」と入力しましょう。

2.「垂直ルーラー」の上にあるマークを「中央揃えタブ」にします(クリックするとマークの表示が変わります)

 

 

3.「水平ルーラー」の任意の位置でクリックして、「中央揃えタブ」を設定します。

 

 

4.キーボードの「Tab」キーを押しすと、「中央揃えタブ」を設定した位置にカーソルが飛びます。

5.「中央揃え」と入力します。

 

次に「右揃えタブ」を設定して、右側の位置に文字を入力してみましょう。

 

 

6.「垂直ルーラー」の上にあるマークをクリックして「右揃えタブ」にします。

 

 

7.「水平ルーラー」の任意の位置でクリックして、「右揃えタブ」を設定します。

 

 

8.キーボードの「Tab」キーを押しすと、「右揃えタブ」を設定した位置にカーソルが飛びます。

9.「右揃え」と入力しましょう。

 

 

※ タブは、文字の位置を揃える機能です。
タブは段落ごとに設定されます。
タブ設定でうまくいかない場合は、段落が関係していることが多いです。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのタブとは?タブの種類・機能・使い方を説明

 

まとめ

 

ワードで文字の位置を設定する機能には、右揃え・中央揃え・左揃え・両端揃え・均等割り付けの5つがあります。

さらにタブを使用すると、さらに細かい設定ができるようになります。

こちらの記事もご覧ください。⇒ワードのタブの使い方!設定方法や細かく調整する方法など